1. トップ
  2. グルメ
  3. 鮭料理

最終更新日 2019年03月24日

鮭料理

お刺身などの生食用はその日に食べますし、スモークサーモンはオリーブオイルを使ってサラダとして食べます。

たいてい特売のときは生食用やスモークサーモンではなく、焼いたり煮たりする鮭が多いです。

煮ても焼いても、塩・コショウ、味噌、しょうゆの味付けで美味しいですし、小麦粉をつけて天ぷらにもできますし、しめじやキャベツなどの野菜と一緒にホイルで蒸し焼きするもの美味しいから。

塩分控えめかどうか、健康を考えると気になるところですが、アスタキサンチンなどの栄養素の面から男女問わず人気です。

そのうえ、食費はもちろんのこと食材を選ぶことはいろいろと迷いますが、鮭料理は、ごはんにもパンにも相性抜群ですし、食卓だけでなくお弁当の材料としても最適なので、とても重宝します。
焼いた鮭が余ったらフレーク状にしてオリーブオイルと混ぜて保存もできます。

鮭を見ると故郷や昔のことを思い出すかもしれませんね。大きな半身や丸ごと一匹をご近所でシェアする時代がどこの家庭でも頻繁にあったようですが、今は殆どが小さな切り身で売られています。

鮮度としましては生のお刺身ではいただくことができない鮮度、でも冷凍モノや古い食材というわけではないので、食材本来の味を生かして塩焼きにします。朝食はお味噌汁のセットで純和風の朝食。お米はできれば白米でなく、玄米がいい。朝食を食べる時間が無いなら、シンプルにおにぎりの具にするのも良いかも。

焼き魚を作る際、昔は煙たくさんボーボーだったのですよね。クッキングシートなんかもなかったし。すごく昔の記憶ですけど、洋服やカーテンに匂いがついちゃって。今は衣類の匂いを消すスプレーもありますけど、煙が出ない調理器具、油を使わない調理器具など、いろいろな調理器具が出ていて便利だわ。料理下手な私でも、魚の焦げ目なしで綺麗に焼ける。うちの調理器具は最新式ではないですけど、昭和の時代と比べてという意味ですよ。

それでもやはり、キッチン周りに匂いが残りますし、電子レンジを使うと匂いがこもりますので、お掃除する際にはオレンジ系をよく使います。

魚料理は食べた後のお掃除が面倒に思うかもしれませんが、慣れると不便を感じなくなりますし、いつも綺麗なキッチンを保てるので、逆に年末の大掃除が不要になります。

プロフィール

ひより

ひより

  • 食べること大好きなパート主婦です。
    仲良くしてくださいねー。
    よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加